ロゴ 花岡土建株式会社

〒017-0045 秋田県大館市中道三丁目1番50号
TEL:0186-42-5391 FAX:0186-49-4044
お問い合わせ

採用情報 先輩からのメッセージ

渡辺優香|2019年新卒入社|大館桂桜高校卒|土木技術者

優香 優香

Q、建設業を志望した動機は?

A、高校での知識を生かせて測量のできる仕事に就きたいと思ったからです。高校の時、測量の大会に出たのがきっかけで楽しさを知り、それができる仕事に就きたいと思い、知識も生かせて測量もできる建設業を選びました。また、インターシップに行った際に現場の皆さんが優しく教えてくれたり、現場のトイレなど女性が安心して働けるようになっていていいなと思った事や、自分が手をかけたものが地図に残っていく仕事であるという先輩からの言葉に感動し、自分もそんな仕事に就きたいと思いこの仕事を選びました。

Q、現在の1日の仕事の内容は?

A、朝は、事務所の掃除・朝礼の司会、終わったら前の日のKYや打ち合わせ書類の整理などをしています。作業が終われば事務所に戻って来てその日に撮った写真をパソコンに取り込み、17時過ぎには帰宅できます。また、1ヶ月毎に行う安全衛生教育の資料作りをしたり、機械等のステッカー作りなどもしています。

Q、入社してから苦労したこと、やりがいは?

A、入社してから苦労した事は沢山あります。学校では少ししか触れなかった事や、やらなかった事が沢山で、覚えるのが大変です。また、自分より年上の方々との仕事になるのでコミュニケーションをとるのが難しいです。不安な事だらけですが、自分が少しでも手をかけたり測量など手伝った物が完成した時はやりがいを感じました。この物を造るのに自分も少しながら手をかけたんだと思うとすごく達成感を味わえる仕事だと私は思います。

Q、先輩の仕事ぶりを見て感じたことは?

A、現場を動かすにあたって今の状況だけでなく、1、2ヶ月先までの予定を考えていて凄いと思いました。また、細かい所まで目を向けていたり、大体の間隔で何㎝何㎜か読んでいたりして、自分もこうなれるように頑張ろうと思えました。この仕事をしている上で、天気予報が最も大事なもののひとつだという事も教えていただきました。先輩方の仕事をしている姿を見ると自分はまだまだと感じ、もっと頑張ろうと思えます。

Q、大館の魅力は?

A、自然が豊かなところだと思います。山と川に囲まれていて空気がとてもきれいだと思います。また、比内地鶏や秋田犬など全国的に有名なものもたくさんある所だとおもいます。各地域での伝統行事などもあり昔ながら受け継がれているものがあるというのも魅力の一つだと思います。

Q、休日の過ごし方は?

A、家にいてDVDや漫画を見たりしてゆっくりするか、ひとりで買い物に出たり友達と休みが合えば遊んだり、家族と出かけたりしています。

Q、後輩に伝えたい事は?

A、高校のうちにとれる資格は取っておいた方が、仕事をする上で役に立ちます。また、体力も少しつけておいた方がいいと思います。たくさん悩んで自分のやりたい仕事を考えるといいと思います。

近藤優斗|2018年新卒入社|大館桂桜高校卒|土木技術者

優斗 優斗

Q、建設業を志望した動機は?

A、選んだ理由は三つあり、一つ目は祖父が建築業の仕事をしていて、小さい頃からよく仕事の話を聞かせてもらい私も建設業へのあこがれがあったからです。二つ目は高校で土木関係の勉強、資格取得をして、他の職業よりも理解していて働くのに有利だと思ったからです。三つ目は現場ごとに違った施工過程、様子を体験することができ、飽きることが無いこと、そして自分が携わった築造物ができた時の達成感は他の職業よりも感じることができ、今後その建築物が多くの人に役立つと思うと誇らしく思ったからです。

Q、現在の1日の仕事の内容は?

A、朝礼をした後、現場状況の様子確認、測量等をして施工準備をします。終わり次第、施工の状況写真、出来形写真を撮ります。事務所に戻ったら写真管理、書類作成等をします。

Q、入社してから苦労したこと、やりがいは?

A、工種が一緒でも同じ工事が無く、現場状況や土質条件、天候に左右され覚えることが沢山ある事です。入社して、何もわからず先輩方の指示に従って作業をしてきましたが、2年目から自分で考えて指示することが本当にあっているのか不安で苦労しました。ですが、先輩方に教えてもらい、理解して作業をし、自分で出来た時の達成感はとても大きくやりがいを感じました。

Q、先輩の仕事ぶりを見て感じたことは?

A、協力会社への指示が的確でとても早いと思いました。そして、周りへの気配りができ仕事の効率が良いと感じました。私は、人見知りの方でうまく自分から指示を伝えることが苦手ですが、これから指揮を執っていかないといけないので協力会社とのコミュニケーションをたくさん取り、素早く的確な指示が出せるよう努力したいと思いました。また、周りをよく見て手伝えることがあれば率先的に手伝えるように頑張りたいと思いました。

Q、大館の魅力は?

A、ずっと大館にいますが、他のところよりものどかでとても過ごしやすいところだと思います。また、人柄の良い人がたくさんいます。

Q、休日の過ごし方は?

A、自分の趣味である車いじり、トライブ等を楽しんでいます。時には遠出をしてもう一つの趣味である温泉巡りを友人と楽しんでいます。

Q、後輩に伝えたい事は?

A、現場はとても楽しく、社内の雰囲気がいいと思います。高校でやってきた事を生かしたい方や興味がある方、一緒に働いてみませんか。

鳴海丈裕 | 2018年中途入社 | 土木技術者

鳴海 鳴海

Q、建設業を志望した動機は?

A、地図に残る仕事だからです。高校の時は土木科でしたが、他の仕事をしたいと自分は思っていて、インターシップの時に興味はありませんでしたが地元の建設会社に行くと、地図に残る仕事をしているという話を聞き、やりがいがありそうだと思い建設業を志望しました。

Q、現在の1日の仕事の内容は?

A、朝礼をして現場に行き、測量をして丁張を設置したり現場の安全管理をして、作業が終わったら次の日の段取りをしたり書類をまとめています。

Q、入社してから苦労したこと、やりがいは?

A、私は中途入社だったので、仕事のやり方や関わる人が変わり初めはとても苦労しました。やりがいとしては、先輩が仕事を任せてくれるので多くの事を経験し、実践できるのでとてもやりがいはあると思います。

Q、先輩の仕事ぶりを見て感じたことは?

A、まず感じたのは、とても後輩に対してのサポートが速くて、仕事の事で相談すると一緒に考えてくれてその場で答えを出してもらえるのでとても頼りになります。

Q、大館の魅力は?

A、食べ物が美味しいところと、自然が豊かなところ。また、人が温かいところ等魅力をあげればキリがないですが、私はとても良い所だと思います。

Q、休日の過ごし方は?

A、本を読んだりゲームをしたり友達と遊んだりと色々ですが、最近はトレーニングをしたりしています。

Q、後輩に伝えたい事は?

A、一つの大きなものをみんなで造り上げるやりがいのある仕事ですし、人の協力無くして達成できない仕事です。

村上雄登|2018年新卒入社|能代工業高校卒|建築技術者

雄登 雄登

Q、建設業を志望した動機は?

A、父が建設業の仕事をしており、その姿を見て自分も建設業に携わる仕事がしたいと思いました。

Q、現在の1日の仕事の内容は?

A、主に写真の管理や現場の整備をしています。

Q、入社してから苦労したこと、やりがいは?

A、現場の整備です。何度掃除しても毎日汚れてしまうので、汚れてるなと思ったらその都度掃除するよう心掛けました。現場がいつもピカピカだと職人さんたちも気持よく作業できるので一番力を入れています。

Q、先輩の仕事ぶりを見て感じたことは?

A、とても責任感のある仕事だと感じました。「工程管理」・「原価管理」・「品質管理」・「安全管理」と管理するものが多いです。それぞれに的確な指示や管理をしている先輩に早く追いつけるように頑張りたいです。

Q、休日の過ごし方は?

A、夏は釣りやキャンプ、バーベキューなど。冬はスノーボードをしています。

Q、後輩に伝えたい事は?

A、何事にもチャレンジして目標を持って頑張って下さい。

木村凌也 | 2019年新卒入社|大館桂桜高校卒|建築技術者

木村 木村

Q、建設業を志望した動機は?

A、私はものづくりが好きで、この建設という職業には自分が今まで経験したことないスケールでものづくりが行われている事に興味を持ちました。自分一人の手で作られるものと違い、多くの人の手で作られていくということが魅力的に感じ自分自身も関わっていきたいと思いこの建設業を志望しました。

Q、現在の1日の仕事の内容は?

A、朝は、朝礼を行い協力業者の作業確認、人数確認を行ったのちに工事作業に入ります。作業中は工事を円滑に進めるために、各業者への指示、サポートや資材の手配、スケジュールの調整を行いながら建築作業の進み具合、品質の確認等を記録します。作業終了後は現場の片づけ、戸締りを行い作業を終了します。

Q、入社してから苦労したこと、やりがいは?

A、苦労したことは、専門用語を覚えることです。各協力業者とのやりとりや参考資料を読んでいる時等に初めて知る言葉が多いです。時には正式名称ではなく違う通称で話すこともあり少し苦戦することが多いです。しかしそうやって段々と知識を得ていくことで仕事がスムーズに進んでいくことを実感し、やりがいを得られます。

Q、先輩の仕事ぶりを見て感じたことは?

A、とても仕事が早くてきぱきと進めていきます。そして質問した時は全力で答えてくれます。そういう仕事への姿勢を私も見習い、目標として仕事をしていきたいと思います。

Q、大館の魅力は?

A、自然が多く、昔から根付いている大文字などの多彩な文化があるところがとても魅力的です。

Q、休日の過ごし方は?

A、家で趣味に没頭したり、資格の取得に向けて勉強をしたりしています。

Q、後輩に伝えたい事は?

A、この仕事は責任が大きい仕事ですが、完成した時の達成感はそれ以上に感じる仕事だと思います。

菅原実夢|2020年新卒入社|大館桂桜高校卒|建築技術者

実夢 実夢

Q、建設業を志望した動機は?

A、災害等の復興のため働いている建設業の方々をみて興味をもったことがきっかけです。それから工業系の学科がある高校に入学し、勉強をしていくうちにさらに興味をもち、建設業の仕事に就きたいと思いました。

Q、現在の1日の仕事の内容は?

A、現場の図面作成、墨出し、レベル等を使った作業をしています。また、工事写真を撮ったり、書類の整理をしたりなどもしています。

Q、入社してから苦労したこと、やりがいは?

A、工事業者の方々からの質問に対してはっきりと受け答えができなかったり、用語の意味が理解できなかったりなど知識不足で、現場の難しさを実感しました。しかし、先輩方や業者の方々が1つ1つ丁寧に教えてくれ、今仕事を頑張っています。入社してもうすぐ1年になります。だからこそ、褒められた時のうれしさ、建物が完成するまでの過程を見ることができるこの仕事ならではの楽しさがあります。そして、完成した建物に少しでも自分が携わったと思うとやりがいを感じます。

Q、先輩の仕事ぶりを見て感じたことは?

A、業者の方との打ち合わせや設計図面を基に図面を作成したり、現場の状況に臨機応変に対応したりしていて、私もこうなりたいと思いました。私がわからないところはわかるまで教えてくれ、忙しい時間の中でも後輩のサポートをしてくれる頼れる存在です。

Q、大館の魅力は?

A、自然が豊かなところ、また、本場のきりたんぽを主とした祭りや秋田犬とふれあえる場があるなど大館の魅力を発信しているところもすてきだと思います。

Q、休日の過ごし方は?

A、家族といる時間が多いと思います。家で録画番組をみたり、おでかけしたり、家族とゆっくりしています。時に友達と遊びに行き、リフレッシュした休日を過ごしています。

Q、後輩に伝えたい事は?

A、与えられた仕事に挑戦し、いろんなことを経験してください。

津島勇也|2014年新卒入社|大館工業高校卒|土木技能者

津島 津島

Q、建設業を志望した動機は?

A、建設業に携わる若い人が年々減っている事や前々から興味があった事もあり、建設業を志望しました。実際、今の大館で建設業は欠かせないものとなっていると思います。地元の発展に貢献したいのであれば建設業を選択するのも良いと思います。

Q、現在の1日の仕事の内容は?

A、自分は舗装工を主にしています。現場によって作業内容は多少異なる事もありますがほとんど変わることはないので、一度覚えてしまえば一日が早く感じられるかも知れません。

Q、入社してから苦労したこと、やりがいは?

A、一番大変だったと思った事は、高校を卒業し、何も知らない状態で会社に行くという不安や作業を見ていても中々覚えられないという事でした。しかし、慣れない事を繰り返しやることで自分の出来る仕事の幅が広がっていき、この現場は自分も携わったと、終わった時に達成感や、やりがいを感じました。

Q、先輩の仕事ぶりを見て感じたことは?

A、先輩は、朝一にその日の仕事の段取りをし、より効率よく仕事ができるように作業員に仕事を割り振ります。また、現場内でも全体を見て、指示や的確なアドバイスをしているのを見ていて、みんなを引っ張りより良いものを造るという先輩の姿を自分も見習わなけらばならないと思いました。

Q、大館の魅力は?

A、まだまだ発展する余地があり、地元の人の頑張りでイベントなどが継続的に行われている所だと思います。また、伝統を大事にしており、その為に協力し合う人と人との繋がりの深さにとても魅力を感じます。

Q、休日の過ごし方は?

A、社会人になり免許を取得し、車を持つことが出来たので色々なところに行く事ができます。高校生と違いやりたいことの幅が広がるので趣味が増えることが楽しいと感じます。

Q、後輩に伝えたい事は?

A、まだまだ分からないことは沢山あると思いますが、日々仕事をする事で自分の出来ることが増えていくことにやりがいを感じれる日が来ると思います。その時が来るまで先輩のサポートを受けるなどして助けてもらいながら頑張って欲しいと思います。

野呂和也 | 2019年中途入社 | 自動車整備士

野呂 野呂

Q、自動車整備業を志望した動機は?

A、高校生の頃から興味があり、専門学校へ行き、より車について知ってみたいと思ったのがきっかけです。自分の車を自分でカスタムしたり修理出来るようになりたかったので、技術や経験を仕事しながら楽しく学べると思い整備士になりました。

Q、現在の1日の仕事の内容は?

A、主に、車検整備をしています。今までは一般的な自動車ばかり整備していましたが、軽自動車から大型トラックまで様々な車を整備するので、毎日同じ仕事というわけではないのでやりがいがあると思います。

Q、入社してから苦労したこと、やりがいは?

A、学校を卒業してから、軽自動車や普通自動車しかほとんど触った事がなかったので、今は大型トラックやローダーなどの重機や建設機械など経験の少ない仕事が多く、大変な事が多くありますが、少しずつでも自分で出来るようになると達成感もあり楽しい仕事だと思います。

Q、先輩の仕事ぶりを見て感じたことは?

A、その時の状況判断と効率の良さは経験や技術力の差がまだまだあり、学ぶ事が多いと日々感じますが、目で見て実際にやってみて、一日でも早く先輩達のように色々な仕事をこなせるようになりたいです。

Q、大館の魅力は?

A、多くのイベントや行事があり、特にきりたんぽ祭りは県外から人が多く来る魅力的なイベントです。

Q、休日の過ごし方は?

A、車をいじるのも運転するのも好きなので、最近は景色のきれいな名所などを調べて行ってみたりしています。

Q、後輩に伝えたい事は?

A、自動車整備業界も若手不足ですが、少しでも興味があればぜひ整備士を目指して欲しいと思います。